新着情報1件
 

■活動報告履歴
 

2016年10月 報告23
◆平成29年度ビジネス懇話会報告


2016年10月 報告22
◆平成28年度第10回スターリング
 エンジン講演会開催


2015年2月 報告21
◆第5回ビジネス懇話会報告


2015年10月 報告20
◆平成27年度第9回スターリング
 エンジン講演会開催


2014年12月 報告19
◆平成26年度第8回スターリング
 エンジン講演会開催


2014年12月 報告18
◆第1回一色尚次賞発表
 スターリングエンジンの発展に向けて


2014年5月 報告17
◆2014環境展・
 地球温暖化防止展出展


2013年10月 報告16
◆平成25年度第7回スターリング
 エンジン講演会開催


2012年12月 報告15
◆京都環境フェスティバル2012
 出展報告


2012年10月 報告14
◆平成24年度第6回スターリング
 エンジン講演会開催


2012年9月 報告13
◆平成24年度信越支部研究会
 MOMOSEエンジン商品開発研究会
  開催


2011年10月 報告12
◆平成23年度第5回スターリング
 エンジン講演会開催


2011年9月 報告11
◆『CIGR国際シンポジウム2011』
 市民公開講座
  NPO日本スターリングエンジン
 普及協会主催講演会開催


2010年10月 報告10
◆平成22年度第4回スターリング
 エンジン講演会開催


2010年5月 報告9
◆平成22年度第3回スターリング
 エンジンビジネスセミナー開催


2010年5月 報告8
◆2010環境展・地球温暖化防止展
 出展報告


2010年5月 報告7
◆第2回スターリングエンジン
 ビジネスセミナー開催


2010年4月 報告6
◆第1回スターリングエンジン
 ビジネスセミナー開催


2009年10月 報告5
◆第3回スターリングエンジン
 講演会開催


2009年9月 報告4
◆第1回スターリングエンジン
 普及セミナー開催


2008年10月 報告3
◆第2回スターリングエンジン
 講演会開催


2008年7月 報告2
◆アグロイノベーション出展


2008年6月 報告1
◆2008NEW環境展出展


 
   日本スターリングエンジン普及協会活動報告No.14
 
◆平成24年度第6回スターリングエンジン講演会開催
(スターリングエンジン事業開拓の現場報告)
2012年10月30日
   第6回スターリングエンジン講演会を平成24年10月30日(火)都道府県会館で開催いたしました。 当日は、基調講演を電力中央研究所名誉特別顧問浜松 照秀氏にお願いするとともに、 FIT制度の発足を踏まえ、再生可能エネルギーを使うスターリングエンジンが現在どのような段階に来ているか、 当会員企業の取り組みを発表しました。講演会では積極的な意見交換もあり、 スターリングエンジン発電がFIT制度にとっても有効な手段となる可能性を秘めていることが確認されました。 なお参加者は総勢66名となりました。
   以下に演題と講演者を記します。
@ 基調講演 「“エネルギー俯瞰学”が必要な時代」
        −FIT制度と小規模電気事業−
(財)電力中央研究所名誉特別顧問・UXSEP代表 浜松 照秀 氏
A 「小型スターリングエンジン搭載木質ペレットストーブ発電システムの開発」
(平成24年度NEDO新エネルギーベンチャー技術革新事業での取り組み)
明星大学 工学部教授 濱口 和洋 氏 (当協会理事)
B 「新型外燃機関(KAIHOエンジン)の実用化」
(鶏糞の直接燃焼による熱電併給システムの事業化)
石渡コンサルテイング代表 石渡 草平 氏 (当協会理事)
C 「アジアにおけるスターリングエンジン市場開拓とビジネス拠点作り」
(環境省「二国間オフセットクレジット制度実現可能性事業」の推進)
潟vロマテリアル 代表取締役 齊藤 正倫 氏(当協会理事)
D 「動き出した米国INFINIA社のスターリングエンジン生産」
INFINIA Corp.アジア地区ビジネス開発担当部長 鈴木 年雄 氏(当協会理事)
<各講演の概要>
[T] 浜松 照秀氏 講演
 熱力学第1・第2法則が、第2法則から導き出される「自然現象はエントロピーの増大する方向に進む」 や「永久機関の排除」ばかりが強調され、これらの法則が「エネルギーの利用のあり方」 を示していることを忘れてきたと指摘し、エネルギー有効利用の方法について事例を挙げて話された。
 特に昨今もてはやされている再生可能エネルギーは第2法則から見ると非効率なエネルギーであること、 自然界の低温の廃熱や環境熱はヒートポンプなどを使えば、ヒートポンプを駆動する電力とそれを 発電するに要したエネルギー以上の有効な熱を作り出すことができること、 さらに送電網(ネット)は電力の有効利用にとって極めて重要であることなどと解説された。
[U] 濱口 和洋氏 講演
 平成24年度NEDO “新エネルギーベンチャー技術革新事業フェーズA”に採択され開発研究している ストーブ搭載スターリングエンジンシステム(MOMOSEエンジン)が紹介された。 ここで対象となる開発研究項目は、スターリングエンジンが未だ実現し得ていない木質燃料が スターリングエンジンにどのような影響を与えるのか、 また普及のためにエンジンの信頼性と低コスト化に課題があるとの説明があった。
 なお電気事業法における小型発電設備に係る規制について詳細な説明があり、 バイナリー発電設備・スターリングエンジン発電設備の規制緩和の検討が国レベルで進められている旨について触れられた。
[V] 石渡 草平氏 講演
 新型外燃機関(KAIHOエンジン)の事業化の見通しについて、ターゲット市場である養鶏場の規模・エネルギー消費実態を含め、 事業内容・事業化計画の詳細な説明があった。そして同市場にアジャストするため、 要求仕様・要求コストならびに社会的責任への対処も含めてシミュレーション計算を行った結果、 投資資金回収期間が7年前後(回収期間法)と見込まれることも触れていた。 なお講演会でのKAIHOエンジン開発の名称は「鶏糞を直接燃焼により熱電併給するシステムの製造・販売」となっている。
[W] 齊藤 正倫氏 講演
 潟vロマテリアルが環境省から受託した、カンボジアにおける「二国間オフセットクレジット制度実現可能性事業」 についての説明があり、現地の実態調査も交えてのスターリングエンジンを用いた分散型の バイオマス発電を普及させていくことが主眼である旨の説明があった。 その際の燃料は主として木質バイオマス(籾殻)を活用することとし、 規模は3.5kWを1ユニットとした小規模システムとしている。 課題としては、イニシャルコスト低減のためのコスト設計や韓国・中国系企業との連携、 現地の人々がいかに使いこなすことができるようにするのか、 さらには現地での事業体制の構築・現地パートナーとの連携、といったことが重要であることを挙げていた。
[X] 鈴木 年雄氏 講演
 インフィニア社の最新情報の報告があった。それによるとコスト競争力のある生産工場を整備し、 すでに200MW分のスターリングエンジンを生産できる能力を備えている。 同社のパワーディッシュ型スターリングエンジン発電は、2006年1kWテスト機からはじまって、 2007年3kW試作機、2009年3kW量産仕様機を開発、さらにコストダウンをはかりつつ出力・効率をアップさせた 3.5kW低価格仕様試作機を2012年3月に完成させている。 その低価格仕様品は2012年9月に、米国内の陸軍基地向け1.5MW装置の生産が開始された。 主なコスト低減対策としては、エンジン自体の原価低減に加えて、 低コスト仕様かつ性能向上をさせて集光装置をあらたに開発した。 なお陸軍は米国内で最大のエネルギー購入組織のひとつであり、 引き続き2013年に追加の設備導入の計画があり協議中とのことである。
 おわりに今後の計画として、2013年に5,000台、2014年は数万台の量産が予定されていること、 さらに7.5kWBonnevill型新型エンジン開発が進行しており、 太陽熱発電用のみならず、各種燃料使用が可能となるよう検討されているとの説明もあった。

第6回スターリングエンジン講演会場風景
鶴野 省三理事長 開会挨拶 浜松 照秀氏 講演
濱口 和洋氏 講演 石渡 草平氏 講演
齊藤 正倫氏 講演 鈴木 年雄氏 講演
講演会の全景 講演会の鶴野理事長、松尾顧問、
一色名誉会長
講演会の一色名誉会長 一色名誉会長 懇親会挨拶
懇親会参加者一同
 
▲TOPへ      
 
 
Copyright (C) 日本スターリングエンジン普及協会