新着情報1件
 

■活動報告履歴
 

2016年10月 報告23
◆平成29年度ビジネス懇話会報告


2016年10月 報告22
◆平成28年度第10回スターリング
 エンジン講演会開催


2015年2月 報告21
◆第5回ビジネス懇話会報告


2015年10月 報告20
◆平成27年度第9回スターリング
 エンジン講演会開催


2014年12月 報告19
◆平成26年度第8回スターリング
 エンジン講演会開催


2014年12月 報告18
◆第1回一色尚次賞発表
 スターリングエンジンの発展に向けて


2014年5月 報告17
◆2014環境展・
 地球温暖化防止展出展


2013年10月 報告16
◆平成25年度第7回スターリング
 エンジン講演会開催


2012年12月 報告15
◆京都環境フェスティバル2012
 出展報告


2012年10月 報告14
◆平成24年度第6回スターリング
 エンジン講演会開催


2012年9月 報告13
◆平成24年度信越支部研究会
 MOMOSEエンジン商品開発研究会
  開催


2011年10月 報告12
◆平成23年度第5回スターリング
 エンジン講演会開催


2011年9月 報告11
◆『CIGR国際シンポジウム2011』
 市民公開講座
  NPO日本スターリングエンジン
 普及協会主催講演会開催


2010年10月 報告10
◆平成22年度第4回スターリング
 エンジン講演会開催


2010年5月 報告9
◆平成22年度第3回スターリング
 エンジンビジネスセミナー開催


2010年5月 報告8
◆2010環境展・地球温暖化防止展
 出展報告


2010年5月 報告7
◆第2回スターリングエンジン
 ビジネスセミナー開催


2010年4月 報告6
◆第1回スターリングエンジン
 ビジネスセミナー開催


2009年10月 報告5
◆第3回スターリングエンジン
 講演会開催


2009年9月 報告4
◆第1回スターリングエンジン
 普及セミナー開催


2008年10月 報告3
◆第2回スターリングエンジン
 講演会開催


2008年7月 報告2
◆アグロイノベーション出展


2008年6月 報告1
◆2008NEW環境展出展


 
   日本スターリングエンジン普及協会活動報告No.16
 
◆平成25年度第7回スターリングエンジン講演会開催
(副題:一色 尚次名誉会長追悼記念講演会)
2013年10月8日
   第7回スターリングエンジン講演会が平成25年10月8日(火)都道府県会館で開催されました。 本講演会は故一色尚次名誉会長の追悼記念講演会でありましたので、定例講演会に先立って、 一色賞創設発表とその関連行事(一色賞選考委員会委員の紹介、一色家からの寄付贈呈式、 濱口和洋明星大学教授の選考基準の説明、松尾 政弘埼玉大学名誉教授の「一色先生の思い出」の講演)を行い、 定例講演会にうつりました。
   今回は昨年に引き続いて、当会員企業のスターリングエンジン事業への取り組みを主体とした 発表が行われ、参加者は総勢69名でした。
   以下に演題と講演者を記します。
@ 一色賞選考委員会について
選考委員長 明星大学教授 濱口 和洋 氏(本会理事)
A 一色先生の思い出
埼玉大学名誉教授松尾 政弘 氏(本会顧問)
B KAIHOエンジンNEDO事業報告と養鶏場ビジネスについて
海法 俊光 氏(本会理事)
癌_田製作所 代表取締役 濱田 拓 氏(本会会員)
C 信州発非常用薪ストーブ発電装置実用化の取り組み
(カラマツストーブとスターリングエンジン・ソーラーパネルを組みあわせた発電装置)
清水 政紀 氏(本会常務理事)
信州大学 滝沢 辰洋 氏
D (株)プロマテリアル社のスターリングエンジンビジネスの進展
潟vロマテリアル 代表取締役 齊藤 正倫 氏(当協会理事)
E INFINIA社の太陽熱スターリングエンジン発電機ビジネスの最新情報
元INFINIA Corp.アジア地区ビジネス開発担当部長 鈴木 年雄 (本会理事)
<各講演の概要>
[T] 濱口 和洋氏 講演
   一色賞選考基準の素案の説明があった。それによると授与対象はスターリングエンジンの普及や 製品開発に功績を上げた個人・団体・製品とする、また選考対象は、スターリングエンジンの普及製品 開発に関する成果・功績、および発明技術開発に関する成果・功績とする。
[U] 松尾 政弘氏 講演
   故一色名誉会長とともに、今年17回を迎えたスターリングエンジン・テクノラリーを立ち上げた いきさつ、ならびに一色名誉会長の研究成果を含めて経歴の説明があり、エネルギーの活用に関する飽く なき追究された一色名誉会長の姿を思い出深く話された。著書「B29より高く飛べ」の紹介、 ならびにありとあらゆる熱機関を研究された研究者は二度と日本では現れないとも付け加えられた。
   晩年はスターリングエンジンの開発、なかでも出力と熱効率を上げるエンジン開発を追究され、 ランキンサイクルとスターリングエンジンを組み合わせた研究をされたことも触れられた。
   おわりに故一色名誉会長がスターリングエンジンの研究開発の先鞭を付けられたことに対して あらためてお礼を申し添えられた。
[V] 海法 俊光氏・濱田 拓氏 講演
   海法 俊光氏より、新型外燃機関エンジンの説明があった。それによるとエンジン稼働に成功したこと (2.3kW出力で目標よりは下回ったが)、および同エンジンはスターリングエンジンから発達した クローズドサイクルシステムの新型外燃機関であり、システム構成は、加熱器・冷却器・熱再生器・ パワーピストン・圧力発生システム(気室)から成っており、加熱器と冷却器の間に圧力差を付けて パワーピストンを動かす仕組みとなっている。最大の特長は、従来型のスターリングエンジンと異なり、 加熱器・冷却器の大きさに制限がなく、エンジン本体は熱源から離して設置可能であることである。 また鶏糞燃焼では燃焼ガス中の灰分除去が必要であるが、それはセラミックフィルターを使用する ことで解決できるとのことであった。
   つづいて濱田 拓氏より、養鶏場における鶏糞燃料利用のコージェネシステムの説明があった。 癌_田製作所は鶏糞等燃焼プラントメーカーであり、これまで他社5kW級スターリングエンジンにより、 炉内温度850℃で、1200rpm、3.6kW出力を試験運転した実績を報告(H23.4〜9月間)、その際 受熱部のダスト付着のために1時間も発電が維持できず同エンジンがダーティガスに弱いことを 確認したとのこと。その対策としては、クリーンな700〜800℃受熱が可能なセラミックフィルターを 使用すべく現在開発中であり、KAIHOエンジンと組み合わせてエネルギーの地産地消を実行したい 旨を強調した。
   なお海法氏は、今後のKAIHOエンジン構想として、30kW出力2台による60kW級出力を 検討しており、資金さえあれば3年以内で実用化に向けて開発可能とも付け加えた。
[W] 清水政紀氏・滝沢 辰洋氏 講演
   清水政紀氏より、今回のMOMOSEエンジンは従来の水冷方式から空冷方式に変更、直近の試験では まず40W出力とし(10/4時点)、今後出力アップを図っていくとの説明があった。 当プロジェクト推進者は、鰍iPE、カラマツストーブ普及巨モ任事業組合、百瀬機械設計梶A 潟Pーエスケーの4社で、上田市の「新技術等開発助成金」による後援があることの紹介があった。 なおMOMOSEエンジンとカラマツストーブとの組み合せのいきさつについては、H24年9月開催の 信越支部研究会がきっかけであること、また本プロジェクトのポイントとして、 @長野県に多いカラマツに着目、A実用化エンジンの存在(MOMOSEエンジンの実用化)、 B複合的に新エネルギーに転換できる可能性を見出す、C上田地区の長い日照時間を利用した 太陽光利用との併用、を挙げていた。 今後非常用防災設備として長野県内でまず普及させていく方針を述べた。
   つづいて滝沢 辰洋氏より、カラマツストーブの特徴として、長野県の森林では圧倒的にカラマツが 多くその伐採材の有効活用望まれること、ならびにカラマツの燃焼温度が高く熱源としての効率が 高いことがある。また燃焼温度が高いために鋳鉄製ストーブは不適であることから開発された ストーブであることの説明があり、すでに長野県内の行政機関・公共施設への導入実績が30数台に 達しているとのこと。直近の稼働試験では(10/4時点)、カラマツ10kgを用意し、 そのうち数kgを約2〜3H程度を燃焼して40W出力を得ている。 あるいは、太陽光発電(150W)とMOMOSEエンジン(出力200W)の併用システムとして活用した場合、 照明・テレビ・冷蔵庫・携帯電話充填等が可能となるような仕様を目指している、との話であった。
[X] 齊藤 正倫氏 講演
   林野庁から受託の平成25年度「木質バイオマス加工・利用システム開発事業」として、木質チップの ガス化発電を、マイクロジェン1kW級スターリングエンジンを用いて、30kWユニットにして年度内設置 運転を行うこと、ならびにカンボジア向けに、コメの籾殻をガス化した燃料を使って同マイクロジェン1kW級 スターリングエンジンによる30kWユニットを5台設置するという、環境省から受託の平成25年度 「JCMプロジェクト設備補助事業」の概要説明があった。カンボジアでは大小3万か所の精米工場があり、 発電の原料となる籾殻が安定供給されるので、CO2排出量を削減するという効果が大きいとのこと。
   プロマテリアル社としては今後、インドネシアをはじめとする他の東南アジア諸国向けに、バイオマス資源を 燃料としたスターリングエンジン発での事業化に向けたアプローチを積極的に展開していく意向がある 旨も付け加えていた。
[Y] 鈴木 年雄氏 講演
   インフィニア社の最新情報の報告があった。それによると、太陽光発電コストに対抗できる最新のPD-W型が 2012年8月に完成し、DOD(米国国防省)から陸軍ユタ州Tooele基地向けに、1.5MW(429台)を受注した。 2013年10月4日に据え付けは完了しており、2013年12月に引き渡し予定となっている。
   仕様の概要は、定格出力3.5kW(最高出力3.75kW)のPD-IV型機が合計429台使用されるが、 インバーターは64台に対して1台を備えるなどのコストダウンを図っている。 さらに次世代型新エンジンを 搭載した定格出力7.5kWのPD-V型機を開発中であり、太陽光発電を下回るコストを目標としているとのこと。
   おわりに、インフィニア社は、同Tooele基地内におけるPower Dishの据え付けが当初の計画より大幅に遅れ、 資金繰りが困難になった関係で、9月25日にチャプター11(再建型倒産処理手続)を申請した旨 プレスリリースされ、新オーナーによる経営が再開される事が期待されている。したがって、日本向けビジネス に対しては新オーナーの方針次第なので不明であり、また鈴木氏もインフィニア社の組織から外れている旨の コメントがあった。

第7回スターリングエンジン講演会場風景
鶴野 省三理事長 開会挨拶 一色 義子夫人 挨拶
一色 義子夫人・鶴野 省三氏 濱口 和洋氏 講演
講演会の全景 松尾 政弘氏 講演
海法 俊光氏 講演 濱田 拓氏 講演
清水 政紀氏 講演 滝沢 辰洋氏 講演
齊藤 正倫氏 講演 鈴木 年雄氏 講演
一色 正男氏 懇親会挨拶 浜松 照秀氏 懇親会乾杯挨拶
懇親会参加者一同
▲TOPへ  
 
 
Copyright (C) 日本スターリングエンジン普及協会