新着情報1件
 

■活動報告履歴
 

2016年10月 報告23
◆平成29年度ビジネス懇話会報告


2016年10月 報告22
◆平成28年度第10回スターリング
 エンジン講演会開催


2015年2月 報告21
◆第5回ビジネス懇話会報告


2015年10月 報告20
◆平成27年度第9回スターリング
 エンジン講演会開催


2014年12月 報告19
◆平成26年度第8回スターリング
 エンジン講演会開催


2014年12月 報告18
◆第1回一色尚次賞発表
 スターリングエンジンの発展に向けて


2014年5月 報告17
◆2014環境展・
 地球温暖化防止展出展


2013年10月 報告16
◆平成25年度第7回スターリング
 エンジン講演会開催


2012年12月 報告15
◆京都環境フェスティバル2012
 出展報告


2012年10月 報告14
◆平成24年度第6回スターリング
 エンジン講演会開催


2012年9月 報告13
◆平成24年度信越支部研究会
 MOMOSEエンジン商品開発研究会
 開催


2011年10月 報告12
◆平成23年度第5回スターリング
 エンジン講演会開催


 

2011年9月 報告11
◆『CIGR国際シンポジウム2011』
 市民公開講座
  NPO日本スターリングエンジン
 普及協会主催講演会開催


2010年10月 報告10
◆平成22年度第4回スターリング
 エンジン講演会開催


2010年5月 報告9
◆平成22年度第3回スターリング
 エンジンビジネスセミナー開催


2010年5月 報告8
◆2010環境展・地球温暖化防止展
 出展報告


2010年5月 報告7
◆第2回スターリングエンジン
 ビジネスセミナー開催


2010年4月 報告6
◆第1回スターリングエンジン
 ビジネスセミナー開催


2009年10月 報告5
◆第3回スターリングエンジン
 講演会開催


2009年9月 報告4
◆第1回スターリングエンジン
 普及セミナー開催


2008年10月 報告3
◆第2回スターリングエンジン
 講演会開催


2008年7月 報告2
◆アグロイノベーション出展


2008年6月 報告1
◆2008NEW環境展出展


 
   日本スターリングエンジン普及協会活動報告No.5
 
第3回スターリングエンジン講演会開催
2009年10月7日
・・・待望の量産型スターリングエンジン発表!! ・・・

第3回スターリングエンジン講演会は、「わが国の廃熱スターリングエンジンの現状と展望」をテーマに、 去る平成21年10月7日(水)都道府県会館にて開催致しました。 当日は、台風18号接近で、天候不順にも拘わらず、満席の盛況でした。 以下、簡単に講演会の内容を報告致します。

1. 量産型廃熱エンジン・・・製造コスト63,000円以下の見通し!
今回の講演会は、何と言っても“量産型スターリングエンジン開発計画”の発表があったことである。
エンジン開発者は、百瀬機械設計(株)代表取締役 百瀬 豊氏。エンジンは廃熱を熱源とし、 作動ガスはヘリウムを使用、充填圧は0.8MPa、300W以下の小出力モジュールで重量15kg、 部品点数を12点まで絞り込み、量産時の販売価格を189,000円に設定し(3年間で減価償却)、 (製造)コストはその1/3=63,000円を目標とする、というものである。
今後の開発計画は、22年3月末までにセンサレスモーターの開発、2010〜2011年FS、2011年に生産準備、 2012年から量産開始、のスケジュールが示された。
しかし、実際の開発はこの計画を前倒しする勢いで進むことが期待されており、 2009年末までに数十台生産し、翌年早々にFSに入るとのことである。
2. “百瀬エンジン”のエンジンビジネス開発
百瀬氏の講演に続いて(株)プロマテリアル代表取締役 斎藤正倫氏から百瀬エンジンのビジネス モデル開発への取り組みについての説明がなされた。同社は、百瀬氏及び炉メーカー、 大量の廃熱を有する企業と合同でFS体制を構築し、2010年初よりFSの実施に入る予定である。
さらに同社は、スターリングエンジンを最も必要としているのは日本ではなく 東南アジアや南米など海外であり、現在これら地域の政府・企業・大学と組んで 進めているスターリングエンジンの用途開発研究の事例についての言及もなされた。
3. 2KW級フリーピストン“前澤エンジン”
サーモ技研(株)代表取締役前澤一男氏は、ツインバード工業(株)のOBで、同社が発売している スターリング冷凍機(各種クーラー)の開発の経験を活かし、退職後サーモ技研(株)を設立、 フリーピストンエンジンの開発を進めてきた。
このエンジンの特徴は、150〜200℃程度に加熱する低温熱源を活用することを目的とし、 エンジン部品はツインバードの冷凍機の部品と同様の素材をできるだけ利用し、低価格 エンジンを開発するところにある。
問題は、200℃前後の廃熱を如何にして加熱器に取り込むかにあるが、前澤氏はサーモサイフォンで 廃熱から蒸気を発生させ、エンジン加熱部に送り込むシステムを構想し、その試作と小型エンジン 利用システム全体の熱利用効率の実証試験に取り組んでいる。本小型エンジンの発電効率は、 加熱温度200℃で8%であるが、2kWエンジンでは15%近くになる。
4. 新形式スターリングエンジンの開発・・・バイオマス活用エンジンへ向けて
弊協会と横浜製機(株)が進めている新形式スターリングエンジンについて、 弊協会理事 海法俊光氏が発表を行った。本エンジンは、従来のエンジンとは全く異なる新しい エンジンメカニズムを有しているため、構造簡単でヘリウムを使わず多気筒化が可能である。 現在は2010年3月に実証エンジン公表を目指して開発に努めている。
特に本エンジンは、各種熱源に適用できる加熱器を用いることにより、太陽熱から廃熱、 バイオマス燃料などCO2削減に大きく寄与する熱源を自在に利用することができるので、 本エンジン開発への期待は大きい。
5. Infinia Corp.のビジネス戦略
Infinia Corp.の日本代表部を勤める鈴木年雄氏が、いま現在世界で唯一の量産スターリング エンジンメーカである同社のビジネスについて説明された。Infinia Corp.のビジネスは量産による 大規模ビジネス戦略である。スターリングエンジンの実用化が遅れた最大の原因は価格であった。 その価格を下げるには、部品点数が少ないフリーピストン型エンジンを実用化すること、 生産コストを下げるために同一規格エンジンを大量生産すること、この2点である。
それに対応した市場は、太陽熱利用発電、家庭用コージェネなどであり、太陽熱利用は、 3kW級エンジンを開発し、現在は限定生産中である。家庭用コジェネ用に関しては、1kWエンジン (リンナイで限定生産中)であり、これはヨーロッパ各国で開発している家庭用コジェネシステム には、すべてリンナイで生産するエンジンが使われるとのことである。
さすがに米国ならではの世界規模でのビジネス戦略であると感歎!

講演会会場風景

百瀬 豊氏の講演 前澤一男氏の講演
海法俊光氏の講演 斎藤正倫氏の講演
鈴木年雄氏の講演 懇親会:一色名誉会長と鶴野理事長
熱気あふれる講演会場
 
▲TOPへ  
 
 
Copyright (C) 日本スターリングエンジン普及協会