新着情報1件
 

■活動報告履歴
 

2016年10月 報告23
◆平成29年度ビジネス懇話会報告


2016年10月 報告22
◆平成28年度第10回スターリング
 エンジン講演会開催


2015年2月 報告21
◆第5回ビジネス懇話会報告


2015年10月 報告20
◆平成27年度第9回スターリング
 エンジン講演会開催


2014年12月 報告19
◆平成26年度第8回スターリング
 エンジン講演会開催


2014年12月 報告18
◆第1回一色尚次賞発表
 スターリングエンジンの発展に向けて


2014年5月 報告17
◆2014環境展・
 地球温暖化防止展出展


2013年10月 報告16
◆平成25年度第7回スターリング
 エンジン講演会開催


2012年12月 報告15
◆京都環境フェスティバル2012
 出展報告


2012年10月 報告14
◆平成24年度第6回スターリング
 エンジン講演会開催


2012年9月 報告13
◆平成24年度信越支部研究会
 MOMOSEエンジン商品開発研究会
 開催


2011年10月 報告12
◆平成23年度第5回スターリング
 エンジン講演会開催


2011年9月 報告11
◆『CIGR国際シンポジウム2011』
 市民公開講座
  NPO日本スターリングエンジン
 普及協会主催講演会開催


2010年10月 報告10
◆平成22年度第4回スターリング
 エンジン講演会開催


2010年5月 報告9
◆平成22年度第3回スターリング
 エンジンビジネスセミナー開催


2010年5月 報告8
◆2010環境展・地球温暖化防止展
 出展報告


2010年5月 報告7
◆第2回スターリングエンジン
 ビジネスセミナー開催


2010年4月 報告6
◆第1回スターリングエンジン
 ビジネスセミナー開催


2009年10月 報告5
◆第3回スターリングエンジン
 講演会開催


2009年9月 報告4
◆第1回スターリングエンジン
 普及セミナー開催


2008年10月 報告3
◆第2回スターリングエンジン
 講演会開催


2008年7月 報告2
◆アグロイノベーション出展


2008年6月 報告1
◆2008NEW環境展出展


 
   日本スターリングエンジン普及協会活動報告No.7
 
◆第2回スターリングエンジンビジネスセミナー開催
平成22年度第2回スターリングエンジンビジネスセミナー開催
2010年5月18日

  本年度第2回スターリングエンジンビジネスセミナーは、平成22年5月18日(火)長野市もの づくりセンター(通称UFO・産学行交流室)にて開催いたしました。当日は「長野市ものづくりセンター」 のご支援のもとに、(財)長野県テクノ財団のコーディネーター、(財)長野県テクノ財団のコーディ ネーター、及び長野市産業振興部、の方々の参加もあり総勢24名の参加となりました。
  ビジネスセミナーは、本協会鶴野省三理事長の「今何故スターリングエンジンか」との テーマで、政府のCO2削減目標25%に絡む再生可能エネルギー導入促進策全般に触れた上で、 今セミナーは、第一に、わが国初の量産型エンジンを目指すMOMOSEエンジンの用途開発・顧客掘り起こし 次いで会員企業と本協会が共同開発しているKAIHOエンジンの市場ニーズを探ることを目的としており、 セミナー後半の意見交換で自由な発想で討議をお願いしたい旨の挨拶があり、次いで、海法俊光理事の 「新型スターリングエンジン(KAIHOエンジン)の開発について」、および潟vロマテリアル斎藤正倫 社長の「量産型スターリングエンジン(MOMOSEエンンジン)の実用化最前線」の講演があり、 本セミナーの主題である“意見交換”を行いました。
意見交換の場では参加者の自己紹介の後、活発なディスカスが行われました。以下に主な意見を 掲載します。

(1) バイオマス資源とスターリングエンジンの必要性
  意見交換の非常に多くの部分が、スターリングエンジンの熱源と期待されるバイオマスに 関するものでした。特に、長野県は間伐材や果樹の剪定枝の排出量が非常に多い地域なので、剪定枝が MOMOSEエンジンを組み込んだ燃焼炉(温水や温風と発電)で使えないか、と参加者から問題提起が あったのに対して下記のとおりの意見交換がありました。
@ 剪定枝を集めるマンパワー、作業時間がとれない。やるとすればコスト高になるので、いま現在は 剪定した場所の近隣で処分している。原則として運搬はしない。
A 間伐材は、林地から運び出すコストがかかりすぎ、採算がとれない。残念ながら放置されたままである。
B 剪定枝を燃料とする場合の残留農薬の影響について疑問が出されたが、参加者の中では、この問題に対 する明確な回答はなかった。
C 剪定枝・間伐材を活用していない現状に対して、現地の認識は“勿体ない”との意識の芽生えがない。 “勿体ない”との意識が、利活用のキーとなるのではないか。
D 長野県では、剪定枝よりも使用済みきのこ培地が、より大きな問題である。これを燃料として活用すること ことこそが急務である、との強い意見が出された。
E 建築廃材は、その処分は補助金が出されている。また集積と焼却がワンセットでなされている。しかし 焼却熱の利用は全く行われていない。非常に勿体ない状況がある。スターリングエンジンを利用する 環境は整っているが、何とかならないか。
(2) MOMOSEエンジンに関して
  実用化間近かなMOMOSEエンジンの具体的な用途に関する意見も下記のとおりありました。
@ バイオマス利用を考えることもさることながら、薪でも枯れ草でも稼働できる形の災害時の非常用電源 (防災用機器)として商品化することが良いのではないかとの意見が出された。これは非常に現実味のある 意見として、受け止められた。
A 木炭生産の立場からの意見として、MOMOSEエンジンの活用方法を具体的に研究したい。そのためにエンジン を提供してほしい。あるいは公的資金による研究プロジェクトを立ち上げられないか、との要望が出された。
B キャンピングカーは、自家発電機・シャワーなど装備しているので、ここにスターリングエンジンの 用途を見出せるのではないか。
C 潟vロマテリアル斎藤社長から発電機付きの模型スターリングエンジンが発表され、例えばこの模型を 今後途上国の電気のない地域での携帯電話の充電用として研究中であるとの説明があり、関心を呼んだ。
(3) KAIHOエンジンに関して
  KAIHOエンジンは、比較的出力が大きなエンジンを狙っているところから、 「(1)のバイオマス資源とスターリングエンジン」の中で、議論されました。 講演者からは、具体的な用途の形について参加者の考えを求めていましたが、 エンジンの完成が2年先であることから、具体的イメージを議論するに至りませんでした。 今後の研究課題となります。

  以上、長野における初めてのビジネスセミナーでありましたが、参加者には、 スターリングエンジンの具体的な姿への理解が進み、話題提供の本協会としては、 長野地域のバイオマスの問題をより具体的に理解する機会となりました。 また、土木建築業者の参加があったため、意見交換の幅が広がり、収穫の大きなセミナーとなりました。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
・開会の挨拶 「なぜ今スターリングエンジンビジネスセミナーを行うのか」
NPO日本スターリングエンジン普及協会 鶴野 省三 理事長
・講演1 「新型スターリングエンジン(KAIHOエンジン)の開発について」
NPO日本スターリングエンジン普及協会 海法 俊光 理事
・講演2 「量産型スターリングエンジンPM300C(MOMOSEエンジン)実用化最前線」
潟vロマテリアル 斎藤 正倫 社長 (当普及協会理事)
・意見交換 「スターリングエンジンビジネスについて」
司会進行 鶴野 省三   当普及協会 理事長
清水 政紀   当普及協会 常務理事・信越支部長
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

第2回ビジネスセミナー会場風景

清水政紀常務理事の司会挨拶 鶴野省三理事長の挨拶・講演
海法俊光理事の講演 斎藤正倫理事の講演
意見交換のテーマ(MOMOSEエンジンの用途) 意見交換の模様
 
▲TOPへ  
 
 
Copyright (C) 日本スターリングエンジン普及協会